icon-arrow-down icon icon-arrow-fill-down icon icon-arrow-next icon icon-arrow-prev icon icon-tag-close icon
検索結果に戻る

おすわりベビー

out of 2 vote(s)

この遊びを評価する

星の数を選んでください

発育におけるメリット

新生児の赤ちゃんには、いくつかの反射行動があります。赤ちゃんの手のひらを触ると握ろうとしたり(把握反射)、立て抱きやお座りのポジションでは目がぱっちり開く(ベビードール反射)というようなものです。自分で体が動かせるようになる3~4ヶ月頃には消えてしまうので、赤ちゃん独特の反射が残っている今のうちに、この遊びを楽しみましょう!

準備&遊びかた:

  • 赤ちゃんをカーペットなどのやわらかく、すべらない床面に寝かせます。
  • 赤ちゃんの足元にすわり、赤ちゃんを見つめます。
  • 赤ちゃんの手のひらに親指を置いて握らせたら、あなたの指全体で赤ちゃんの手の甲をしっかりと包みこみます。
  • そのままゆっくりと赤ちゃんを引っぱり、おすわりをしたら「**ちゃん、こんにちは!」と言います。
  • 赤ちゃんがあなたの顔を見てゴキゲンになったら、またゆっくりもとの体勢に戻します。繰り返します。

用意するもの:

  • ふわふわした、足元がすべらない床面
  • あなたの手

安全上の注意:

赤ちゃんが手をひらいても大丈夫なように、パパとママはしっかりと赤ちゃんの手を握りましょう。赤ちゃんが首を痛めないように、動作はゆっくりと。